30歳エンジニアの個人的な反省とこれから

これはPepabo Advent Calendar 2014の21日目の記事です。
昨日は@getsukikyuさんの野菜 – ロマネスコに見る幾何学でした。
明日はnezumi650さんです。

もう年末で、みなさん1年を振り返り、評価の面談などが実施されている時期ではないでしょうか。
今日は、Pepabo Advent Calendarに書くことではないかもしれませんが、個人的な反省点と来年に向けてやっていきたいことをまとめていきたいと思います。

ペパボのエンジニア評価制度について、おいちゃんがAdvent Calendarに書かれていて(ペパボのエンジニア評価制度を、社内の一般エンジニアはどうみているのか? – 彼女からは、おいちゃんと呼ばれています)
この記事でいう一般エンジニアでの視点になります。2年半前に新卒で入ったSIerからペパボに転職し、3月で30歳になります。

反省すること

あんちぽさんのこちらのエントリにもある通り、 ペバボのエンジニア職位制度のアップデートについて – delirious thoughts

誰かの任命によるのではなく、本人の立候補により選考過程が始まること
これまでの実績、自分を昇格させるべき理由を主張する文書をGitHubのpull requestによって提出し、全社員公開の元にプロセスが進むこと

シニアエンジニアなどへのステップアップには、自分がシニアエンジニアになるべき理由とともに、自分の立候補から選考が始まります。私は今年、シニアエンジニアに立候補すらすることができませんでした。
「自分はこの半年間で、他の人よりも優れた何かによって困難な問題を解決できていたのか。」
その自問に答えられず、そっとタブを閉じてきました。次こそは何かしら書けるはず。興味のあること、やらないといけないことに手を出し続けていれば、そのうち自分が極めていきたい分野が見つかり、自然と他の人よりも優れた何かが手に入るはず。と思っていました。そうして、気づいたら1年経っていたのです。

では、来年どうしましょうかー。

最初にゴールを書いてしまう

これは @tk_ono先生の受け売りなんですが、最初に自分がシニアエンジニアになるべき理由を書いてしまう。

ゴールが決まっていると、人はそれに向かってガンバレてしまうものです。
それが達成できないとしても、どれだけ成果が残せたのかが、相対的に測ることができます。

また、これは自分の価値を自分で定義する。と言い換えてもいいかもしれません。
アサインされる仕事に必要なものを勉強する、という受動的な学習の仕方、働き方ではなく、自分の出したい価値に合わせて、仕事を作る(それによるサービス価値を提案する)という働き方をするということです。タイミングにもよりますが、ペパボはそのような仕事をしやすい環境、文化があり、それを活かすのも自分次第かなーと思います。

本当にやりたいものを厳選する

じゃあ、なにをゴールにするかという点について。
自分はこれまで、1つのことを極めることより、浅く広く、できる事を増やしたいという思いがありました。
その結果、サーバサイド(Rails、PHP)も、フロントエンド(AngularJS)、iOSアプリもそこそこ書けるようになってきました。そこそこというのがポイントで、全てが中途半端で終わっています。今、技術は多様化・専門化していて、それらをカバーするのは莫大な時間が必要です。

一方で、今年結婚し、独身時代と比べて自分の時間は限られてきました。まだ子どもはいませんが、今後できたとしたら、それは顕著になるでしょう。ペパボはほとんど残業がないので、工夫のしどころはあると思いますが、それでも自分の時間が今後減ることは避けられません。

そこで必要なのは、自分の目指すエンジニア像に合わせた、選択と集中かなと思います。
私はこれからは1つのことを極める事にシフトして、その後に改めて他の分野に目を向ける予定です。
それを選ぶ軸としては、社内に出来る人がいない、これをやったら評価されるのでは?という邪な気持ちは一旦置いておいて、とりあえずやりたいこと1つに集中してみようかと思っています。それが結果的に他の人よりも優れた何かになることを信じて。
1つのことを極める。というのはよく言われる話ですが、そこへシフトするべきタイミングの1つが、時間が限られていることを自覚する時かもしれません。

がんばりすぎないようにしよう

とはいえ、これらは半年とか来年だけの話ではなく、これからのエンジニア人生というと大げさだけど、ずっとやり続けないといけないことです。
一発奮起して、高すぎるゴールやスケジュールを考えても、途中で飽きたり、燃え尽き症候群になるのがオチです。
自分の選んだ技術を、楽しんで学び尽くしていきたいなーと思います。

まとめ

異論、反論は色々あると思いますし、個人的な話なのでペパボAdvent Calendarに書くもの?という疑問もありましたが、
社外の人に、こんな考えの人もいるんだなー、ここなら自分の悩みも解決できるかも。そんな風に思ってくれる人がいて、一緒に人も会社も成長していけたらいいなと思って、この記事を書きました。
ということで、一緒に働く仲間を募集しています